医療費控除に「医療費のお知らせ(医療費通知)」が利用可能に

2018年2月7日

これまで納税の確定申告手続きの際、医療費控除を適用されるためには医療機関等で発行された領収書の添付が必要でしたが、平成29年分の納税の確定申告からは「医療費の領収書」添付は不要になり、代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要になりました。
さらに、全国健康保険協会(協会健保)から、平成30年2月に、平成28年10月から平成29年10月の間に医療機関等で受診された医療費を「医療費のお知らせ(医療費通知)」として事業主様宛(任意継続被保険者の方は自宅に)送付されます。

確定申告_医療費控除の領収書

この「医療費のお知らせ(医療費通知)」を添付することによって、「医療費控除の明細書」の明細の記載を省略することができることとなり、この場合には領収書の保管も不要になります。

ちなみに協会健保だけでなく各健保組合より発行されました「医療費のお知らせ(医療費通知)」につきましても同様の取扱いになります。

※但し、医療費のお知らせに記載されていない医療費分は、医療機関からの領収書に基づき作成した「医療費控除の明細書」を確定申告に添付しなければならず、その際の領収書も5年間保存する義務が生じますのでご注意ください。

尚、詳細は 国税庁のホームページをご確認ください。

<関連情報>

確定申告 平成29年度 <医療費控除が変わります>

確定申告 平成29年度 <申告手続には>

確定申告 平成29年度 <e-Taxで申告するには>





執筆陣紹介

SATO社会保険労務士法人
SATO社会保険労務士法人は、企業に働く従業員の社会生活上欠かす事のできない社会・労働保険の業務を、高レベル・平準化されたサービスとして提供する業界のパイオニア。組織の強化を図り、「大規模事業場向け」「大量処理」を実現し、東京・札幌・大阪・名古屋・福岡を拠点に、高品質なサービスを全国に提供しています。

≪SATO社会保険労務士法人の最近のコラム≫

● 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し

● 再確認!無期転換の特例措置と通算期間について

● 育児休業給付金再延長の必要書類


※本コラムに記載された内容は執筆者個人の見解であり、株式会社クレオの公式見解を示すものではありません。




コラム一覧に戻る