売掛金消込業務の効率化~決済インフラの抜本的機能強化への取組みについて~

2018年3月8日

一般社団法人全国銀行協会と一般社団法人全国銀行資金決済ネットワークにより、決済インフラの抜本的機能強化への取組みが進められていましたが、その成果として2018年12月から新システム「全銀EDIシステム(Zengin EDI system)」(愛称:ZEDI(ゼディ))が稼動する予定であることが金融庁より公表されました。

● 金融庁
 2018年12月(予定)から銀行界のシステムインフラ、全銀EDIシステムが稼働します


クレオ-コラム売掛金消込業務の効率化



新システムの特徴

新システムでは、現行の総合振込では添付できなかった商流情報(支払通知番号、請求書番号など)を受取企業に送ることが可能になります。

※画像をクリックすると拡大されます

新システムの特徴S
【XML電文への移行に関する検討会資料(一般社団法人全国銀行協会)2016年12月より抜粋】




新システム活用により期待される効果

新システムを利用することにより従前の決済関連業務が以下のように効率化されることが期待されています。

EDI合理化イメージ01
【XML電文への移行に関する検討会資料(一般社団法人全国銀行協会)2016年12月より抜粋】


新システムでは総合振込においても、入金明細等の詳細な情報が得られるため、対応する会計システムを導入することにより、売掛金の自動消込が可能となります。これにより従前の決済関連の事務作業を大幅に削減する効果が期待されています。





執筆陣紹介

仰星監査法人

仰星監査法人は、公認会計士を中心とした約170名の人員が所属する中堅監査法人です。全国に4事務所(東京、大阪、名古屋、北陸)2オフィス(札幌、福岡)を展開しており、監査・保証業務、株式上場(IPO)支援業務、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、パブリック関連業務、コンサルティングサービス、国際・IFRS関連業務、経営革新等認定支援機関関連業務などのサービスを提供。

≪仰星監査法人の最近のコラム≫

● 平成30年3月期の決算留意事項

● 資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い(案)について

● スキャナ保存の申請件数の増加について



※本コラムに記載された内容は執筆者個人の見解であり、株式会社クレオの公式見解を示すものではありません。

コラム一覧に戻る