つながる、エンタープライズ給与クラウド ジームクラウド Digital Transformation for HR Dept.

つながる。
エンタープライズ給与クラウド

ジームクラウドは大手・中堅企業の人事部門がDXを推進するための人事DXフレームワークです。

制約のない業務革新を

ジームクラウドは、人事部門のDXを推進するための人事業務基盤としてご利用いただける、SaaS型の給与計算クラウドサービスです。グループ人事や複数賃金制度に対応した給与計算機能を軸に、お客様が希望する各種HR-Techや人事BPOサービスと自由に連携することが可能です。更に、個別のカスタマイズや任意のタイミングでアップデートができるといった、複数法人利用特有のニーズにも対応し、エンタープライズの人事部門がDXに取り組める環境を提供します。

ジームクラウドの主な機能

  • 給与計算全般(給与・賞与・年末調整・社会保険・生損保・休暇・退職金 等)
  • 人事管理全般(本人情報・各種人事発令・家族情報・経歴・スキル・考課 等)
  • HR-Tech連携(例 SmartHR、Talent Palette 等)
  • BPO連携(例 社保・労働アウトソーシング 等)
  • RPA/BPM連携
  • 複数会社対応(グループ転籍、法人別賃金制度対応 等)
  • マイナンバー対応(安全管理措置対応)
  • e-Gov連携
  • 明細書配信(給与明細・賞与明細・源泉徴収票 等)
  • 年調申告書、身上変更届ワークフロー
  • 社員照会(タレントサーチ)

 ほか

BACKGROUND
背景

クラウドシフトがブレーキに。
エンタープライズの人事DX

デジタルテクノロジーの進化を背景に、DX(Digital Transformation)のトレンドは、現在の「自動化フェーズ」から「意思決定フェーズ」に向かいはじめています。一方で、エンタープライズ市場の人事部門では、クラウドシフトが障壁となり、「人事部門の2025年の崖」が喫緊の課題となっています。

人事部門のDX推進ステップ

人事がITを効率化から価値創造の手段に変えるには。

クラウド、モバイル、ペーパーレスなど、SMB市場(中小企業)ではDXの取組として、HR-Techを活用した人事部門の業務革新が活況を呈しています。一方、エンタープライズ市場(大手・中堅規模の企業)の人事部門は必ずしもDXが進んでいるとは言えません。給与計算システムを中心に、大規模なカスタマイズや独自開発したサブシステムを濫用してきたために、クラウドシフトさえ遅々として進んでいないのが現状です。結果的に、DX以前の問題として「2025年の崖」越えの足かせになっているケースも見受けられます。

人事部門がこれから本格的にDXに取り組めるようにするためには、先ずは給与計算のクラウドシフトが急務です。業務プロセス上、要所となる給与計算の仕組みをクラウド上に移行し、「2025年の崖」を越え、DXの次のステップ「意思決定フェーズ」に備えることが重要です。

関連記事はこちら
FEATURES
特長

これまでの「できない」が「できる」に変わる!

ジームクラウドはシステムの仕様や複雑な業務要件によって、業務革新が困難だった人事労務管理業務にITの革新的活用の機会を提供します。

01
給与計算をクラウドシフトしたい
エンタープライズ給与クラウドで解決!
課題
複数の賃金制度やグループ人事に対応したり、アップデートを個別に実施できるような給与計算クラウドサービスが無いため、レガシーな環境のまま、給与計算システムを継続利用している。
解決
ジームクラウドは複数会社対応や個別パッチ適用など、エンタープライズ人事のシステム要件に対応したクラウドサービスです。給与計算業務をクラウドに移行し、BCP対策の他、ITコストの肥大化や「2025年の崖」といった経営リスクを回避します。
02
様々な改善手段を自由に取り入れたい
多様な連携機能で解決!
課題
利便性の高いHR-Techやアウトソーシングを取り入れたいが、現行システムとのデータ連携の煩雑化が懸念されるため、新たな部門価値を創出するような、革新的な業務改善ができない。
解決
ジームクラウドなら、各種連携機能(HR-Tech、BPO、RPA/BPM)が、改善手段の選択肢を増やし、業務革新の機会を提供します。
03
固有のカスタマイズを継続したい
カスタマイズ可能なクラウドサービスで解決!
課題
月額利用など、コストメリットが期待できて、現行のカスタマイズ要件に応えるクラウドサービスが無いので、クラウドに移行できない。
解決
ジームクラウドなら、各種帳票やデータ出力など、個別の要件に応じた設定が可能です。しかも、パブリッククラウドの環境で月額料金を設定しているため、コストメリットの追求と業務革新を両立していただくことが可能です。
VALUE
価値

改善効果のイイトコ取りで人事DXをスムーズに!

人事の業務は多岐にわたり、業態やそれぞれのワークスタイルによって、必要な改善手段も異なります。
ジームクラウドはそれぞれの業務特性に応じた改善手段とつなげて、「オペレーションの省力化」「業務プロセスのスリム化」「他部門も含めたビジネスプロセスの最適化」といった様々な観点から、効果的にDXを推進していただけます。

関連記事はこちら
SCALABILITY
スケーラビリティ

ITの恩恵を人事部に!

つながるジームクラウドだから、自動化フェーズから意思決定フェーズまで、今後、更に進化していくデジタルテクノロジーを取り入れながら、段階的にDXを進めていき、部門価値を確実に高めていくことができます。

関連記事はこちら
SUGGESTION
活用例
活用例01
OCR、RPAとつなぐ

ジームクラウドなら、
「人事のためのRPA」で手軽に
業務自動化に取り組めます。

RPAとAI搭載型OCRを連携すると、例えば、各拠点からの従業員情報を人事システムに登録するといった、
紙やPDFを扱う作業も自動化することができます。
また、予め用意している、人事部のためのロボットテンプレートを活用すれば、人事部主体で手軽にRPAを使った業務自動化に取り組むことができます。
※連携するシステム、サービスによって、連携の方法、データ(項目)は異なります。

活用例02
BPO、HR-Techとつなぐ。

ジームクラウドなら、
人事BPOサービスとHR-Techを組み合わせて、
効率化と最適化を図れます。

HR-Techと人事BPOサービスをつなぐことで、従業員がセルフ入力した情報からアウトソーシングに連携することができます。
例えば、入社手続きを従業員がHR-Techでおこなうと、ジームクラウドのデータベースに該当項目が自動的に登録されて、採用発令処理やその後の人事管理・給与計算処理をスムーズに始めることができます。
更に、健康保険組合や行政機関への各種届出業務のアウトソーシングが並行し、大幅な業務効率化と業務プロセスの最適化が図れます。
※連携するシステム、サービスによって、連携の方法、データ(項目)は異なります。

活用例03
必要な情報を自由につなぐ。

ジームクラウドなら、
内部統制に対応したRPAで、
安心して業務自動化に取り組めます。

ジームクラウドと連携するRPAは、IT統制要件に配慮し、BPM(Business Process Management)ツールと併用して、ロボットの設定、管理をすることができます。
例えば、クラウド上の人事情報とインフラ内の他システムとの煩雑なデータ連携作業も、統制要件を満たした運用プロセスで、安心して作業を自動化することが可能です。
※連携するシステム、サービスによって、連携の方法、データ(項目)は異なります。