管理会計を強化
経営情報のリアルタイムな把握を実現

オールインワンパッケージのため、固定資産や手形など経理の周辺業務を含めたデータの把握、管理会計へのリアルタイムなデータ反映が可能です。
また、データ照会や出力時には未承認伝票を含めた速報値の出力も可能なため、月次締めのタイミングに縛られず、月次の経営分析などの決算業務作業や連結決算の作業を効率的に行うなど、貴社の管理会計を強化します。

きめ細かな管理会計機能

入力された振替伝票の情報をリアルタイムに管理会計側の残高に反映したり、科目、補助、部門以外に従業員や取引先、セグメントコードなど、振替伝票のワンエントリーで自由度の高い管理会計が可能になります。

配賦処理 科目、補助、セグメントでの配賦処理が可能。配賦結果は仕訳で保持、配賦前後の残高を管理。
予算管理 部門別に科目補助別、科目セグメント別、科目取引先別単位で複数設定、実績対比表の対応。
資金管理 資金の計画予定実績を日別/部門別/銀行口座別に管理することが可能、複合仕訳での資金按分計算、資金取引内容へのドリルダウンが可能。
キャッシュフロー 直接法間接法に対応。予算管理対応、キャッシュフロー精算表から仕訳へドリルダウン可能。
会社合算 マルチカンパニー対応として、合算機能を搭載。各マスタコードのマッピング機能により、コードが違っていても集計する事が可能。
本支店管理 本支店間の取引において、本支店勘定を使用した付替仕訳を起票する事が可能。
経営分析 勘定科目マスタで指定する変動比率を反映した指標計算が行えます。
BI機能 市販のデータウェアハウス並みのBI機能を標準提供。容易な設定で最新の情報をExcel展開が可能。


会計情報以外の管理情報の登録が、伝票単位仕訳明細単位に可能です。検索条件としても使用可能。リファレンスNoについては残高管理も実現できます。

BIツールを標準装備

非会計項目(受注金額、受注件数など)も統合し、複数の予算タイプで予実績の比較が可能です。標準帳票のほかにBIツール(データ分析ツール)も標準装備、様々な分析を実現します。高度化するデータ分析の要望にも柔軟かつ迅速に対応することが可能になります。


Excelで簡単・柔軟データ分析

分析資料をExcelで容易に作成することが可能です。残高ベースの最新値が常にExcelに反映され、ドリルダウン展開やページ切替で、分析の切り口を変えることも簡単にできます。
CSVファイルの抽出やデータ加工の手間を省き、ベーシックツールであるExcelの柔軟性を保持した分析作業を可能にします。